ヴィクトリアマイル
 第2回の牝馬マイルチャンピオン決定戦。馬場の悪さが勝負を決した先週のNHKマイルCと同条件。JRAの発表は「向正面及び3、4コーナーの内側に傷みが見られるが、概ね良好」との事ですが、どこまでいいのかわかりかねます。




  ヴィクトリアマイル 予想

 動かないと決めたら梃でも動かないが、牡馬相手にでも十分勝負できる実力を持ったスイープトウショウ。宝塚記念、エリザベス女王杯、秋華賞のGⅠ勝ちに一昨年のこのレース2着。上がりは牡馬相手でも3番手をほとんど譲ったことがなく、一度叩かれた効果も見込める。『ご機嫌次第』とも考えられるが、ここで負けるわけにはいかない。

 今までゴール版を先頭でしか通り抜けたことがないカワミプリンセス。進路妨害で降着になった前走も楽勝。大外に出していても負けてはいなかった。ここは久々と乗り替わりで少し評価を下げたが、牡馬相手にGⅠ取りを狙う器だけにここでは恥ずかしいレースをするとは思えない。

 牝馬3冠ではすべてで1番人気に推されながら、結果が出なかったアドマイヤキッス。秋華賞では脚を持て余し、エリザベス女王杯では早めに動いて本来のキレを欠いた。単純に考えて、乗り方次第では同世代に引けを取るとはまだ思えない。ヤネ次第かと。オークス4着と東京コースでは今一歩だが、1度しか走っておらず、まだ適性がないとは言い切れない。昨年の東京の芝の長さを考えると、今回の馬場が違えばカワカミプリンセスに先着することも可能かと。

 予算の都合上、3連複の相手になるが、東京コースでの実績が足りないキストゥヘヴンは桜花賞以来精彩を欠いているが、休み明けから3走目。久々の東京新聞杯でスズカフェニックスに0.6秒差と大きく負けているわけではない。牝馬限定で、鞍上のひとつで替わってくる可能性も。ディアデラノビアは3着が多い。GⅠだろうがGⅢだろうが、牡馬相手でも、牝馬限定でも3着。決め手が不足しているのか、乗り難しいのか。ここも連に強く推すことはできない…。

 昨年の傾向から考えるとスイープトウショウ、カワカミプリセスはクリア。ディアデラノビアはGⅠ勝ち、アドマイヤキッスがGⅠ実績とコース実績、キストゥヘヴンは3冠実績で見劣る。たった一回の傾向なので、一つ二つは許容範囲だが、貴重なデータでもあるので参考にした。
[PR]
by crazyken4 | 2007-05-13 03:04 | 競馬(GⅠ)


<< 京王杯SCの結果 応援馬の出走! >>